居宅初任者研修課程
学則
株式会社セブンワーカーズ
すずらん介護福祉学院
居宅介護職員初任者研修  学則
1、事業所の概要
名      称     株式会社セブンワーカーズ
代 表 者 氏 名     代表取締役  金沢恵俊
所        地     千葉県匝瑳市飯倉台10番地20
         約      定款の目的 11.介護人材育成事業・実務者研修事業
              初任者研修事業に則り、運営を行う。
役 員 名 簿      参考様式9-2参照
研修事業担当者     向後奈々 
事業所の名称     すずらん介護福祉学院 
 及び所在地           千葉県匝瑳市飯倉台10番地20
2、事業の目的・理念
<目的>
 急激な高齢化に伴い、介護ニーズも多様化し、適切かつ質の高いサービスが
求められている。正しい知識と意欲のある介護職員の育成は、必須である。
 当学院では、豊かな人間性と、礼節ある人材育成を主軸に、社会資源と
して、介護保険を支える人材となることを目指す。
 また、社会的な課題となっている「認知症」「障害者(児)」等についても実習を
通じ深い理解と、対応力を学べるようにする。
 いつでも誰でも学べる「場」を提供し、地域の介護の普及も目的とする。
<理念>
 「知識・技術・倫理観に卓越した 介護人材の育成」
3、初任者研修の名称
すずらん介護福祉学院 居宅介護職員初任者研修講座
4、実施課程及び方法
通信
5、研修実施場所
①千葉県匝瑳市飯倉台10番地20  匝瑳教室 
②千葉県成田市花崎町740番地5  成田教室
6、研修期間
研修計画参照
7、受講対象者及び定員
一般公募   20名
8、研修カリキュラム及び担当講師名
研修カリキュラムはシラバス参照
担当講師名は講師一覧表参照
9、実習協力施設
別紙参照  (別紙5-1 実習施設一覧)
10、研修参加費用
80,000円(受講料)税別
 6,000円(テキスト代)税別
11、研修修了の認定方法
居宅介護職員初任者研修の到達目標を評価基準に則り、評価を行う。
「修了時の評価ポイント」の評価内容に応じて行う。
ア・・・知識として知っていることを確認するもの。
 知識として知っているレベル
  【表記】
   ・「列挙できる」(知っているレベル)
   ・「概説できる」(だいたいの所を説明できるレベル)
   ・「説明できる」(具体的に説明できるレベル)
  筆記試験や口答試験により、確認する。
イ・・・技術の習得を確認する。
 実技演習で行った程度の技術を修得しているレベル。
   【表記】
   ・「~できる」 「実施できる」
   教室での実技を行い確認する。  
1)講義の際、必要に応じ、レポートを提出し、一定の評価を得た者。
2)添削は、決められた期日に提出をし、70点以上で合格とする。
  合格点に満たない場合は、再試験を行う。70点以上になるまで
  再試験を行う。
3)演習においては、一定以上の評価を得た者。
4)修了時の評価においては、別紙9「居宅介護職員初任者研修の
  修了評価について」により評価する。
 
12、研修の欠席者に対する補講等の取扱い
 原則欠席は、認められないがやむを得ない理由により遅刻・欠席した
場合は、同等の知識が得られる補講を研修日以外の日を使い行う。
日程に関しては、当学院の指定日による。
13、修了証書等の交付
   研修日程の講義の全カリキュラムを修了した者を研修修了者として
認定し、閉講式にて修了証明書(様式第8及び様式第8号の2)を
交付する。
14、初任者研修事業責任(担当)者
向後奈々
15、受講者本人確認の方法
・免許証
・保険証(免許証の無い方又は学生)
・パスポート
16、受講の取り消し
1)学習意欲に欠け、学習態度に著しく逸脱した行為があった者。
2)他者に迷惑行為があった者。
3)その他、本学院で受講が受けられることが困難だと判断される者。
17、実施要項及び本要綱に定める事項が遵守されること。
(附則)
この学則は、平成27年6月1日から施行する。